奴隷としての選択と王族としての選択

日本でも身分制度が存在し、お隣の韓国でも存在し、世界のどこでも存在する。日本の身分制度は士農工商、ひえ、えたと、もっと下の身分があって国を治めるための制度でした。韓国も同じでしょうか?世界では現実奴隷制度が存在しています。今でもあるでしょう。世界は発展していますが、戦争が起こり、貧困に苦しむ者、飢餓で亡くなる人々、災害、殺人など様々な問題が山済みです。

これも世界を治めるために利用されるのでしょう。

お父様が飢餓で1日5万人の人が亡くなり年間2000万人の生命が失われていると。食糧問題を解決する為に水産の摂理があったのだと思います。

今まで奴隷だと思っていた民は、実は奴隷ではなく、神様の息子娘であり、王子王女であるという事実。

そのような生命が失われていくお父様の心情はいかばかりか?お父様の涙が全てを呑み込む川となり濁流の中、多くの生命が奪われている。審判を心から受け入れることができるように、神様と一つとなる為に、最後の峠を越えて行きたいと思います。

これから平和軍平和警察の訓練が自己防衛のため家族を守る為、地域、国を守る為必要であると思います。

最後の戦いはどんな戦いになるでしょうか?

神様とサタンの戦いになるでしょう。

奴隷制度を維持する者と神様の王子王女として格上げする者との戦いになるでしょう。

全ての鍵は善良な市民が強くなることです。

故に鉄の杖です。これを修めるための訓練が必要です。万物を治めるべき主人となるのです。

今までの日本国民からは理解できない内容かと思います。神の国を立てる為には必要です。家庭においても必要です。個人においても必要です。防衛できない国家は滅びゆく国家です。

植民地であり、自立国家でないのです。

国民の力の結集が国力になると思います。

政府が強くなれば国民が苦しむようになります。

国民の意識が高くなれば強い国になります。

自分たちはもう一度聖書を学び、お父様のみ言に帰ること。お父様の人類のプレゼントはそのみ言であり、実体です。その実体を与えられたことが最高最大の贈り物です。同じ心情、涙を流す者、亨進様です。

お父様と同じ十字架の道を歩む亨進様ですが、お父様の伝統を守ったが故に奴隷として歩むのではなく、神様の王子王女として行くことができるのです。自分達の主人はサタンではありません。夜の神様の実体であるとお父様のみ主人です。

王家の精神を相続できるように、王家の精神を学び、お父様の伝統を学ぶ事がこれからの永遠の課題です。



お父様、愛しています。

自分達こそ愛に飢えた者です。

お父様愛しています。

永遠に何処迄も変わることのないように。

私の前にあるものは何か?

孤独な道も感謝です。

お父様、アボジ、私のお父様!アボジを掴んで離すことのないように、今捧げるものはなく、お父様を愛する心情を育てながら、苦難に打ち勝ちます!自分に負けません!サタンに負けません!

お父様が愛するように愛することができますように願います。決意します!

涙で感動を与えられますように、涙の川の源泉となりお父様夜の神様の心情を辿り、尊い宝物を発見できますように。

自分の苦しみは一瞬ですが、神様の苦しみは6000年以上です。その心情の恨を解くことができますように。

すべての兄弟姉妹と共にあるお父様です。間違いを犯す兄弟姉妹の父であり、サタンも同じ父であるわけです。

私達は父の心情を知らなければいけません。何故なら天一国主人であるからです。父の前に清い際物となり心情の相続者後継者代身者にならなければいけません。。

お父様の肉体には限りがあり、自分達の罪ゆえに聖和の道を選ばれ、神様が息子に託す如く、イエス様、再臨主のように、息子に託されたのです。

息子とは誰でしょうか?

すべてから否定されても、お父様を裏切らない真実に生きる者です。誰よりも涙を流される方です。お父様と同じ涙です。共に寄り添うことができる方です。兄のようであり、父のようであり、お父様の姿を見、神様に姿を感じる方です。

正にお父様は人類の前に自らの実体を与えられたのです。

そんな父の心情を蹂躙したのです。

十字架上のイエス様

フンナムに行かれるお父様

ボンネッコルのお父様

アメリカのペンシルベニアの亨進様

真っ暗な闇の中、光あれと言われる夜の神様、

最後の審判であり、艱難を乗り越えねばなりません。

すべてのお父様を信じる兄弟姉妹、シックの救いがなされるように、何よりもお父様の心情を蹂躙することないように願います。

箱舟の中のお父様、すべてをさらけ出し、一緒に住むことができますように。我が家に迎えようお父様を、私の涙も、お父様の心情涙に直結できるように…。

清平と献金

金孝南氏が清平をおさめれば献金の追求が厳しくなるでしょう。

先祖の罪を理由に多くの献金を要求するでしょう。

兄弟姉妹の心をさらに閉ざすようにするでしょう。

生活するお金もないのに借金をし献金、これが伝統、信仰といえば素晴らしいのかもしれない。

しかしエジプトの地の苦役に苦しむイスラエルの民ではないでしょうか?まさに家庭連合がエジプトと化してしまったようです。天一国の実現の時を迎えている。本来は王の王として立つべき者が誰であるのか?

お父様の責任を担うべき立場が息子であり二代王の立場です。韓オモニと幹部の不信、裏切りにより荒野に行かれたのです。その道は父の行かれた道です。

十字架の道です。涙の道です。

荒野から父の声を聞き、苦役に苦しむ民の為に沈黙を破るのです。そしてサタンに奪われた神様の血統、家庭、国を復帰するのです。

もうすでに家庭連合は左翼化し、カトリックと繋がり、イスラム圏が現れ、国際金融機関と繋がり、秘密情報組織に繋がり、清平をバチカン化し、血の献金で赤く染めようとしているのではないでしょうか?

今そのような敵と戦っているのが二代王様であり国進様です。もっと大きく言えばトランプ大統領であり、安倍首相です。

献金と先祖解恩で神様の国ができるのではありません。

勝利されたカインアベルの一体化と勝利された三代王権から神の国の起源が出発するのです。

カインアベルの一体化によりアダムが立ち、三代王権の勝利により真の家庭が立ち神様の血統、心情、愛が定着するのです。

清平と献金の中に生きるのではなく、自由と責任の中で神様の血統に連結された三代王権のなかに生きる事が重要です。

天使長の血統より神様の血統に重生するのが使命と責任です。


真の父母になった時間には夜の神様 昼の神様 息子・娘はありません。息子・娘がなかったのです。ありましたか、ありませんでしたか?原理的に考えなさい。真の父母の以前に息子・娘がいましたか、いませんでしたか?(いませんでした。) あなたたち息子・娘は 誰の息子・娘ですか?真の父母の息子・娘ですか、神様と夜の神様 昼の神様 その神様の息子・娘ですか?

天使長の息子・娘ですそうであれば原理がきれいに解決されます。尋ねることもなく、答えることもありません。蕩減しなければなりません。蕩減法を知らずに天国には入れません。はっきりと知らなければいけません。十三の峠を越えなければなりません。十三の峠を先生を信じてそれを越えるべきです。               (天地共鳴圏と真の御父母様の聖婚   2011年天暦8月4日~7日天正宮にて)

自分たちは傲慢になることなく謙虚、謙遜にならなければいけません。傲慢驕慢こそサタンの血統の餌食です。最後の峠、審判を三代王権と共にお父様に侍って越えていきたいと思います。